不動産投資をする前に知っておくべきこと

近年は若いサラリーマンの間でも老後を見据えて不動産投資を始めている人も少なくありませんが、始める前にはやはり知っておくべきことは沢山有ります。
特に若い人は金融商品や不動産を扱うのが初めての人も多いでしょうから、不動産に関する知識や金融商品と言う物の知識を事前に身に付けておかないと、
いざ始めた時に思わぬ落とし穴に引っ掛かる事も少なくありませんので事前の勉強はとても重要になってきます。

不動産会社や証券会社の社員の人はある程度の知識は身に付いていますので問題は有りませんが、そうではない全くの素人が不動産投資を始める時に重要な事は不動産投資と言う名称では有りますが、
金融商品の一つで有る事は忘れてはいけませんので不動産会社や物件を選ぶ時には経験者にアドバイスをもらってから選ぶのも良いでしょう。

物件や経営する会社を間違えると安定した収入どころか大損をしてしまう可能性も十分に有りますので、周辺環境の知識や入居率の状態を把握しておく為にも必ず物件は見ておく必要が有ります。
そして不動産投資の物件を選ぶ時には必ず自分で決める様にして、経営会社に任せるといった事はしてはいけません。

そして物件は条件などを細かく見て納得するまで探し、経営会社を選ぶ時にも口コミなどで評判の高い実績の有る会社を選ぶ様にして、
入居率の高い物件を選ぶ事ももちろんですが空室が出ても大丈夫な様に家賃保証の有る会社を選ぶ事で収入面の不安を無くす事が出来ますので、
経営会社の選び方はとても重要なポイントになってきます。

不動産投資の仕組みとは

日本ではアベノミクスによって株価が上昇したのも頭打ちとなって、今ではまた預貯金を投じて資金を倍増させるための新たな投資方法に注目が集まっています。
その代表格と言えるのが不動産投資です。
一口に不動産投資と言ってもその手法は幾つかのものに分類されます。

たとえば、まず挙げられるのが親の代から相続したり、あるいは購入した不動産に賃貸マンションや住宅を建設して、その物件を第三者に貸すことによって毎月の安定収入が得られるという仕組みのもの。
賃貸マンションの規模や部屋数によってはそれが空き室少なめに運用することによってかなりの収益が見込めることでしょう。
ただし物件数が多ければ多いほどマンション管理は大変になってきますので、多くの場合には専門の管理会社を活用して各種トラブルの対処に対応してもらうパターンが多い見られます。

また、不動産投資には手元の資金で分譲マンションや一戸建ての住宅を購入し、その物件を貸すことによって安定収入が得られるという手法もあります。
この場合、取り扱い物件数が少ないこともあって収益は少なくなりますが、不動産投資としてのリスクは低く、なおかつ駅前などの需要の高い物件に絞り込むことで空き室少なめに回転させることが可能となります。

最後に、手頃な値段で中古物件を購入し、そこにリノベーションを加えることによって魅力的な物件へと生まれ変わらせ、購入時よりもさらに高い付加価値を付けて転売するという仕組みの手法も不動産投資のひとつ。
どのようにリノベーションを加えるかなど、その人の才覚が問われる投資方法と言えるでしょう。

不動産投資と抵当権の関係性

株価の上昇も頭打ちとなった今、自分の手持ちの資金を元手に効率よく運用する意味でも不動産投資に注目が集まっています。
都市部を中心に不動産価格が上がる一方だからこそ、先見の明を働かせて魅力ある不動産を低価格で購入し、
そこに付加価値を付けて貸し出して安定収入を得たり、あるいはリノベーションを施して転売する不動産投資は大きな可能性を秘めた投資法と言えるでしょう。

ただし、注意したいのは購入しようとしている不動産と抵当権との関係性です。
これは売り主が金融機関からの融資を受けて購入した不動産であることを示し、なおかつ金融機関への返済がまだ完了していないことを示します。
もしもこのまま抵当権が付いたままの不動産を購入することになると、万が一、以前の所有者の借金返済が滞ったり、返済不能になって法的手続きをとった場合にその不動産が金融機関のものとなってしまいます。
となると、買い主からすれば、せっかく購入した不動産がみすみす金融機関により無条件で没収されてしまうことになるわけです。

こうならないためには不動産の売買取り引き時にきちんと抵当権を抹消することが必要です。
事前に売り主が借金返済することで抹消するか、あるいは契約時に支払う前金などで残りの借金を完済する方法も有効です。
いずれにしても売り主側の借金が残ったままの土地を購入して不動産投資を行うことは大きなリスクを伴いますので、不動産会社などを通じてきちんと確認した上で契約手続きを行うことが求められます。